うけい(UKH)トークン|プレセール日程や申し込み方法・IDO情報

うけい(UKH)トークン(sUKH・bUKHトークン)について情報をまとめました。

うけい(UKH)トークンとは

ShinobiWallet(シノビウォレット)の収益配当が手に入る世界初のウォレットトークンです。

当ページにてうけい(UKH)トークンのプレセール上場日程や買い方、トークンの特徴や価格上昇の根拠などについてを解説。

UKHトークンのプレセールは7月28日〜8月27日となり、上場は9月15日にユニスワップとヤマトスワップで行われると公表されている状況となっています。

一番の見どころは「sUKHトークンはプレセールでしか購入不可能」なので、プレセールで確実に手に入れる必要があります。

sUKHをプレセールで購入できれば、すでに2021年12月までに多数の取引所上場やその他施策が細かく設定されているので、今年中に多くの利益を手にできるのは間違いありません。

では

  • UKHトークンの特徴と稼げる理由
  • UKHトークン利益に紐づくシノビウォレットの解説
  • プレセール上場日程・ロードマップ
  • UKHトークンの購入方法

    などについて一つずつ解説していきます。

    ※UHKトークンと検索かける方がいますが、正しくは「UKH」です。

    LINE情報局

    UKHトークンオープンチャット 

    Twitter情報局

    テレグラム 情報局

    シノビウォレット情報局サイト

    目次

    うけい(UKH)トークンの特徴や大幅に価値が高まる8つの根拠

    うけい(UKH)トークンとは、保有することによってシノビウォレットの手数料収益70%を配当として得ることができるトークンです。

    Shinobi Walletが世界的に普及していくことに連動してUKHトークンの価値は上昇していきます。

    ですので同時にShinobi Walletについてしっかり内容を知っておく必要があります。

    UKHトークンの特徴や稼げる理由について
    • 莫大な先行者利益が見込める
    • Shinobi Walletの高配当がもらえる
    • 過去実績がある
    • 短期間で多くの上場先が予定されている
    • 保有のみでも配当がもらえる
    • 技術支援会社とメンバーが公表されている
    • アプリ内広告費用もUKH支払いでバーンされる
    • プレセール前ファンダ要素になるプレスリリースや広告が多い

      上記のように多岐に渡るUKHトークンの特徴や可能性について解説していきます。

      その1:sUKHトークンはプレセールでの購入で莫大な先行者利益を得られる

      sUKHトークンはプレセールで購入することが絶対的にお得です。

      その理由を説明していきます。

      sUKHをプレセールで購入すれば先行者利益が得られる理由

      sUKHは、今後最先端の技術を結集して世界普及が見込めるシノビウォレットの配当の70%をETHでもらえるという多大なメリットがあります。

      シノビウォレットとともに莫大な広がりが見込めるsUKHは、プレセールだとなんと「65%引きで購入できる」ので、莫大な先行者利益を獲得できるのです。

      上場後の購入はbUKHからの交換のみ

      sUKHはユニスワップやパンケーキスワップなどの取引所への上場はしません。

      上場はbUKHしかしませんので、プレセール終了後にsUKHを手に入れたい場合はbからsへスワップすることでしか取得できません

      bUKHからのスワップでsUKHを取得する場合、sUKHに対して2倍のbUKHが必要になります。

      たとえば50sUKHを手に入れたい場合、100bUKHが必要になります。

      ですのでsUKHを手に入れたい場合は、sUKHを直接購入できるプレセール期間中に取得した方が絶対的にお得になります。

      この仕組みは、UKHトークン価値上昇の仕組みへとつながります。

      sUKHbUKH2つのトークンの仕組みで価格上昇ができる理由

      sUKHはbUKHのスワップするときに、価格が上昇する仕組みを取り入れています。

      sUKHはbUKHからスワップするときに、半分の枚数がバーン(消滅)される仕組があります。

      sUKHトークンからbUKHトークンへのスワップは同じ枚数でできます。

      しかし逆にbUKHからsUKHへスワップしてしまうと、もらえるsUKHの枚数が「半分」になります。

      sUKHトークンはbUKHトークンへ同じ枚数で交換可能

      たとえばbUKH100枚をsUKHにスワップすると、枚数が50枚になり、残り50枚がバーン(消滅)されるということ。

      sUKHトークンはプレセールでしか直接購入できない-768x261

      そしてsUKHは市場で購入が不可能です。

      そのため運用目的での購入者は必ずbからsへスワップする流れがとられます。

      結果として勝手にsUKHトークンの発行枚数は減少し、価格も上昇を続けていくのです。

      ウォレット配当はsUKHの保有枚数が多ければ多いほど貰えるETHが増える

      シノビウォレットの配当は、sUKHの保有数が多ければ多いほど、もらえるETHが増える仕組みです。

      sUKHは、シノビウォレット事業の売り上げの70%を、sUKHのトークン保有枚数に応じて支払われます。

      具体的な配当例は、次の見出しで紹介します。

      sUKHとbUKHの流通枚数をどんどん減らしていき、保有者を選抜して、2年後でもsUKHを保有し続けてくれている少数のユーザーにはFIRE」できるくらいの利益(数億円規模)の配当を享受してもらいます。

      こちらは技術支援会社の意気込みです。

      その2:うけい(UKH)トークンがおすすめの理由はシノビウォレットの高配当

      うけい(UKH)トークンホルダーはShinobi Wallet(シノビウォレット)の収益配当が得られることが、トークンとしての価値が高まる理由のひとつです。

      Shinobi Wallet(シノビウォレット)は、すでにアプリとしてリリースされている最新型仮想通貨ウォレットです。

      sUKHトークンホルダーの配当例

      sUKHトークン保有者の配当例を年内での想定で考えてみます。

      まず2021年12月時点でシノビウォレット売上が2億円、合計配当金額で約1.5億円を想定しています。

      その時点でsUKH保有者全体の保有枚数が「10億円分」あれば、ユーザー1人1人に配当される金額は月利15%ほどになる計算になります。

      つまり100万円分のsUKHを保有していれば毎月15万円分のETHが配当されるということです。

      Shinobi Wallet(シノビウォレット)の世界的普及による莫大な可能性について

      Shinobi Wallet(シノビウォレットの機能は、単なるウォレット機能だけではありません。

      「世界一多機能なウォレット」として、あらゆる作業がウォレット内のみで完結することが特徴となっています。

      たとえば現時点で多数の取引所やウォレットを行き来して作業を行う人にとって、大幅な時間短縮やより良い選択肢を得ることができることも魅力です。

      Shinobi Walletの持つ代表的な機能
      • BTCも含めた多岐にわたるマルチチェーン対応で、追加はワンクリックで可能
      • 全ての資産の交換をウォレット内で完結できる
      • AIが複数の取引所からレート、手数料が一番有利になるスワップ、購入場所を探してくれる
      • AIがステーキング、ファーミング場所を高い精度で選定し、ウォレット内で完結する(メタマスクなどにない世界初の仕組み)
      • 他にもNFTやゲームなど様々なプラットフォームが使用可能

      などなど

      があります。

      詳しくはSHINOBIウォレットの情報局ページにて詳細を解説しています。

      また、シノビウォレットは以下からダウンロード可能です。

      <Apple(ios)|ダウンロードURL>

      https://apps.apple.com/app/fgraph/id1572609905

      <Android|ダウンロードURL>

      https://play.google.com/store/apps/details?id=io.fgraph.shinobiwallet

      その3:過去実績となる神楽(KGR)トークン

      過去実績の神楽(KGR)トークンも、うけいコインの価値が上昇する根拠のひとつとなります。

      神楽(KGR)トークンは、2021年12月にプレセール後ユニスワップへ上場した、円に対応するステーブルコイン(1枚1円固定のコイン)です。

      神楽(KGR)トークンが、どのようにうけいコインの価格の上昇にかかわるかを説明します。

      神楽(KGR)トークンの過去実績

      神楽(KGR)トークンは2020年12月にリリースし、ユニスワップへ上場。

      現時点での価値は6~9倍をつけている実績が既にあります。

      神楽(KGR)トークンはステーブルコイン(安定通貨)の役割をもつ

      神楽(KGR)トークンは、いわゆるUSDTのように「法定通貨の価格と連動したトークン」です。

      KGRの場合は日本円のステーブルコインで、仮想通貨市場がどれだけ暴落してもステーブルコインは1枚1円を維持します。

      通貨の価格を維持できる理由としては「リベース」という仕組みで価格維持されています。

      リベースの仕組み

      リベースとは、たとえば

      • KGRコインが1.5円になったら1円に戻すためKGRトークンが自動配布される
      • KGRコインが0.8円になれば、1円に戻すためにKGR保有者からKGRを自動回収する

        という仕組みのことを言います。

        リベースの仕組みの場合

        「価格下落したらKGR保有枚数がどんどん差し引かれていくのでは?」

        という懸念があります。

        ですが実際のところ、神楽トークンはプレセールからの価値で「6倍以上」となっています。

        神楽(KGR)トークンはアンプルフォース案件と同じステーブルコイン

        過去にも同じくリベースの仕組みを採用した成功事例として、40倍〜50倍の価値をつけた「アンプルフォース」があります。

        しかし、神楽(KGR)はアンプルフォースより明確に勝る点があります。

        というのも、KGRはアンプルフォースに比べて

        • 価格調整スキームが新しい仕組みで洗練された
        • Shinobi Walletプロジェクトの存在

          明確な優劣を分かつポイントです。

          仕組み上アンプルフォースがKGRに劣っていることは明白であっても、現時点で最大の時価総額は500億円にまで達しました。

          つまりKGRトークンは仕組み上アンプルフォースと同じかそれ以上の需要が見込めるステーブルコインとなる可能性は十分にあるということです。

          神楽(KGR)トークンはUKHトークンへの布石

          KGRトークンはあくまで基軸資産であり、資産を何倍にも増やしたりトレードをしたりというトークンではありません。

          実際に儲けの仕組みを作るのは「sUKHとbUKHトークン保有者」であり、KGRトークンという安定資産はあくまでも「UKHへの布石でしかない存在」であるというのがもくろみです。

          bUKHトークンの保有で保有枚数に応じて3%の神楽(KGR)トークンを、毎月配当として得ることができます。

          その4:短期間で多数の取引所へ上場予定がある

          短期間で多数の取引所への上場する予定があることも、ウケイトークンの価格がゆるぎないものになる根拠のひとです。

          bUKHトークンの上場日程は以下となります。

          bUKHトークンの上場日程
          • 9月15日:ユニスワップとヤマトスワップへ上場予定
          • 9月:IDCMなど複数の取引所へ上場予定
          • 11月:海外大手取引所上場予定
          • 12月:国内取引所上場予定

            ※あくまで予定です。

            もし上場日程がしっかり遂行された場合、必然的にUKHトークンの認知度から期待度、価値は上昇していくことが予想されます。

            人によっては上記のような上場予定を「絵空事だ」と揶揄する人もいることは間違いありませんので、まずはスケジュール通りに上場していくのかどうかについて、観察していただければと思います。

            その5:保有とステーキングで別々の利益がもらえる

            うけいUKHトークンは保有するだけでShinobiWalletの手数料収益がもらえるだけでなく、ステーキングすれば別の新規仮想通貨を手に入れることができます。

            トークンの名前はIZNMとIZNGです。

            2つのトークンが対となる仕組みはUKHと同じであり、後々上場もしていく予定のトークンをどんどん配当としてもらえる点がメリットです。

            その6:技術提供会社とメンバーが紹介されている

            UKHトークン・Shinobi Walletの技術支援会社であるFGRAPH OUは、以前姫神プロトコルのKGRトークンを打ちだした合同会社safedと提携する企業です。

            過去のDeFi系案件は顔が見えないことから、上場できるのかどうか?売り抜けされないか?という初歩的な部分まで不安に感じる方も少なくありません。

            しかし今回の案件は過去に上場させるスキームがあることが実績として出ているため、他案件に比べて安心して購入が可能になるプロジェクトといえます。

            技術支援会社:FGRAPH OU

            その7:ShinobiWalletアプリ内広告の支払いにUKHが使える

            Shinobi Wallet内では

            ・UKHトークンを支払えば広告枠を購入できる

            ・広告として支払われたUKHトークンはバーンされる

            という特徴があるため、さらにUKHの価格上昇の仕組みが絡んできます。

            その8:プレセール前のファンダ項目が多い・多数のプレスリリースや広告出稿中

            UKHトークン・Shinobi Walletのロードマップにも記載しますが、とにかくプレセール前後でかなりのファンダを仕込んでおり、すでにプレスリリースや広告などを打ち出しています。

            2021年7月末のプレセール前に4~5つのファンダがどんどん発表されていきますので、他の仮想通貨のように買った後に音沙汰がなく不安になることはほとんどありません。

            さらにプレセール前だけでなく、プレセール後も日本と海外にかなりの数の広告を打ち出していくことが予定されています。

            というのもかなりの短期間で複数の企業と提携することを発表していくからです。

            さらに海外インフルエンサーも活用してどんどんPR拡大を狙っています。

            どんどんUKHトークンの認知度を上げるための宣伝を惜しみなく考えている点も、成功する可能性の高いトークンである根拠となります。

             

            sUKHbUKHの特徴や違いについて

            bUKHを保有しているとKGRコインで配当が貰えるbはbond社債の意味

            UKHトークンには独自にバーン(発行枚数が減る)して価格上昇をおこなってくれる仕組みがあるので、簡単に解説します。

            UKHトークンには

            • sUKHトークン(sはstockの意味)
            • bUKHトークン(bはbondの意味)

            という2種類のトークンがあり、両方合わせて総発行枚数は5億枚と定められています。

            sUKHとは

            sUKHとは、

            「シノビウォレット収益の70%(月利約15%見込み)配当をETHで受け取り続けられるトークン」

            です。

            sUKHを購入するメリット

            sUKHは今後シノビウォレットが世界に認知されればされるほど、右肩上がりにホルダーが増えていくことが間違いない、つまり安定的な買いが入って価格高騰しやすい点がメリットです。

            さらにsUKH自体は保有しておくだけでも配当が得られるため、キャピタルゲインとインカムゲインを同時に得られるという点も大きなメリットとなります。

            sUKHの配当例

            Defi市場には10兆円の資産が眠っていると言われていますが、そんなDefi市場のウォレットシェアを全て取れるくらいの超利便性の高いウォレットを広めていくという強い武器があります。

            21年の年末までに、ウォレット全体の売上で20億円程度を現実的に視野に入れています。

            そうなるとsUKH保有者には20億円の70%、つまり14億円という莫大な配当をsUKHホルダーへ、保有枚数に応じて分配します。

            bUKHとは

            bUKHに関しては上場後に売買できるという点と、保有枚数に対して月利3%のKGRトークンが「相場に関係なく永久的に配当」され続けられるトークンです。

            bUKHを購入するメリット

            bUKHを購入するメリットは

            キャプション
            • sUKHへのスワップができる(枚数は半分になる)
            • 保有枚数の月利3%分の枚数が固定でKGRトークンにて分配される
            • 売買可能なのでトレードとして使える

              といった点がメリットであり特徴です。

              bUKHの配当例

              1000万円分のbUKHを保有していた場合、毎月30万円分のKGRトークンが固定で配当されます。

              月利換算では3%ですが、あくまでも枚数に対しての3%なので価格変動によってもらえる枚数が減ることがありません。

              とにかく安定して毎月の月利配当がもらいたい人に向いています。

              UKHトークンに連動したShinobi wallet(シノビウォレット)の解説

              Shinobi Walletは一言で言うと

              「全世界の取引所、DEXの機能をオールインワン化した日本初のAI搭載ウォレット」

              です。

              シノビウォレットがDeFi市場シェアを独占する理由

              シノビウォレットは、ウォレットであるにもかかわらず、ユニスワップやコンパウンドなどのユーザーニーズを反映しています。

              世界最大規模のステーキング事業所としても成り立つことで、全世界のシェアを獲得します。

              シノビウォレットを開発した理由として、日本語対応で全てのDeFiサービスを網羅するツールを作ることで「新規DeFi仮想通貨ホルダーが参入してくる」ことを狙っています。

              今まで英語を読み解いて投資しなければいけなかったDeFi案件にも手軽に投資できることは、日本のDeFi新規ユーザー獲得に大きく貢献できることは間違いありません。

              ウォレット機能

              仮想通貨を保管できるウォレット機能について、他サービスには無いメリットがあります。

              ブラウザアプリで両方使用できること

              マルチチェーン紐付けがワンクリックで可能な点。

              メタマスク対応チェーンには全て対応していること

              BTC他マイナーなチェーンまで対応している点

              が特徴です。

              他ウォレットの比較で言えば、メタマスクのマルチチェーン設定は入力が複雑で面倒が点やBTCに非対応な点がデメリットでした。

              トラストウォレットに関してはチェーンの対応がETH、BTC、BNBのみしか対応していないので、他のチェーンを使用する場合はウォレットを別に使い分ける必要がありました。

              しかし、Shinobi Walletさえあれば1つのウォレットで他チェーンをワンクリックで繋いで作業が完結します。

              ですので資産管理も楽チンになります。

              スワップ機能

              Shinobi Walletのスワップ機能の特徴は、他社の数多くのスワッププールをAIが自動的に解析し、お得にスワップ場所を見つけられる点です。

              たとえばトラストウォレットの場合はスワップ手数料が高く、クロスチェーン取引ができないという点がデメリットとなっています。

              また取引所によってスワップ手数料が違うので、「手数料が高い取引所」を使うと損をしてしまいます。

              さらにメタマスク内でなにかしらの通貨と通貨をスワップする場合、メタマスク内でスワップするわけでなく、スワップする取引所からメタマスクへ接続してスワップするという点があります。

              初心者にとってウォレットやスワップの操作がわかりにくく、簡単ではありません。

              しかしシノビウォレットを使えば、一発で一番安い取引所をはじき出してくれます。

              Shinobi Wallet内でのスワップ機能は他よりも圧倒的に安く簡単である

              という点が魅力となっています。

              運用機能

              Shinobi Wallet内の運用機能を使うことで、ワンプッシュでより安全に利回りがいい商品を選定して運用することができるのです。

              ステーキングやファーミングは、世界の各DEX内プールに資産を預けるという運用方法になりますが、世界には無数にプールが存在しますし内容の精査も難しいものがあります。

              利回りが高すぎても詐欺的な商品もありますし、利回りが低すぎてもDeFiを扱うメリットがなくなってしまいます。

              こういった問題点を解決するには、投資家が各々で勉強をして検証をしてのみ、より良い運用先を見つけることしかできなかった、という難しさがありました。

              しかし、Shinobi Walletではその問題をワンプッシュで解決します。

              洗練されたAIが、高利回りでおすすめのDEXをワンプッシュではじき出してくれます。

              さらにPOSステーキング対応は30種類以上と、他のウォレットと比較しても一線を画すラインナップの多さとなります。(メタマスクはETHのみ、トラストウォレットは6種類のみで手数料が高い)

              さらに慣れている人であれば自由に運用方法をカスタマイズすることが可能なので、玄人にも向けた革新的な機能となっているのです。

              これは正真正銘の世界初となる機能ですので、世界的に普及される最大のきっかけにもつながります。

              購入機能

              Shinobi Wallet内では、法定通貨の購入も可能且つ多数の取引所からレートや手数料が有利になる場所を自動選定して購入してくれます。

              つまり複数の取引所を介す必要がないので

              • 円→BTC
              • USD→BTC
              • USDT→BTC

                といったスワップがウォレット内のみで完結します。

                手数料とレートが有利になる点に関しては、もし購入方法が不利な状況での取引をしてしまうと、ボラが大きいタイミングで数%は変わってきてしまいます。

                つまりShinobi Walletを使って購入しておくだけで、他取引所やウォレットに比べて圧倒的に得をすることになります。

                広告掲載機能

                Shinobi Wallet内の広告枠はUKHトークンを支払うことで掲載可能となり、支払われたUKHトークンがバーンされるという仕組みがあります。

                この機能はShinobi Walletが世界的に普及すればするほどトークンの価値が高まることから、当初からUKHトークンを保有し続けていた人がメリットになる機能でもあるということです。

                ミキシングサービス

                ウォレット内の履歴について、プライバシーや匿名性を守るためのミキシングサービスが搭載されており、情報漏洩などについての安全性がしっかりしています。

                法人向け運用サービス

                金融機関での実務経験が世界トップクラスの監査が入り、十分な体制が整えられた上での法人向け運用サービスを実施します。

                レンディングプラットフォーム表示機能

                世界のレンディングプラットフォームを確認するには、いちいちページに見にいかずともShinobiウォレット内操作のみで完了します。

                トークンポートフォリオのリバランス自動実行機能

                自身が保有する数々の資産について、リバランスを自動実行してくれるためにより有利な状態で資産を保管しておくことが可能です。

                DEX価格の1クリック表示

                各DEXによって違うレートなどをウォレット内で表示させられるため、各DEXのホームページをいちいち開く必要がなくなります。

                NFTプラットフォームの展開

                大流行中であるNFTを使ったプラットフォームは、Shinobi Walletが普及していくことと同時並行で行われていきます。

                技術支援会社は姫神プロトコルにて使用するゲームのキャラクターなどをNFT化させてオークションやトレーディング販売、ガチャゲームなどにも連動していくことによって、さらにShinobi Walletというプラットフォームの認知を進めていきます。

                姫神コレクション(NFTガチャゲーム)について

                姫神コレクション

                姫神コレクションは

                「5⼈の⼥の⼦を主役とした完全オリジナルLAYER2NFTガチャゲーム」

                です。

                SHINOBIウォレットに装備され、そこから姫神コレクション(ブラウザ版)を楽しむことが出来るアプリケーションのようなものとなり、リリース予定は7月末~8月中旬となります。

                スマホゲームのガチャは海外展開が⾮常に難しい分野です。

                進撃のバハムートをはじめ、海外では⾮常に注⽬度が⾼いゲームです。

                姫神コレクションではレベルアップ/ステーキング/進化/Sレアチャレンジ/マーケットを実装しています。

                艦コレクションのようなイメージで、かわいい女の子キャラがたくさん出てきます。

                姫神コレクション内には数多くのカードが存在していて、カードにはレアランクというものがあります。

                そしてレアなカードを集めていくためには「ガチャ」を行う必要があります。

                ガチャをする際は「ETHorMATICorUKH」が必要です。

                レアカードをゲットすると、そのカードを姫神コレクション内でステーキングすることが出来ます。

                ステーキング報酬は姫神コレクションの売上を配分する形です。

                姫神コレクション内では「舞」というゲーム用のトークンを使用します。

                ゲーム内で「舞」を強化することができ、強化することによってステーキング報酬が増えていきます。

                舞に関してはゲーム内で使用&消化という形です。

                受け取った「ETH又はmatic又はKGR」は、SHINOBIウォレットに移動させることも可能です。

                このように姫神コレクションで遊ぶことによって「ETH又はmatic又はKGR」も増やせるということです。

                ギャンブル性としてはパチンコくらいの還元率(85%)程度。

                ギャンブル性が高いのでガチャという仕組みにして姫神コレクションユーザーの射幸心を煽るという狙いもあります。

                ETH、matic、KGRの受け取りに関してはご自身が欲しいトークンを選べます。

                「ゲームに参加してお金に変わる」というNFTは現状2社くらいしか存在しません。

                資金調達プラットフォーム

                coming soon…

                予測市場プラットフォーム

                coming soon…

                 

                【シノビウォレットをさらに詳しく知りたい方はこちらのページも参照推奨です】

                シノビウォレット情報局サイト

                UKHトークン・sUKHbUKHトークンのプレセール・上場日程・販売価格

                sUKHトークンのプレセールは7月28日〜8月27日です。

                販売価格は1枚7円。

                bUKH上場時は1枚10円で上場となります。

                上場日程は、9月、11月、12月と目白押しとなっています。

                上場日程
                • 9月15日:ユニスワップとヤマトスワップへ上場
                • 9月:idcmなど複数へ上場
                • 11月:海外取引所上場
                • 12月:国内取引所上場

                  うけい(UKH)トークン・Shinobi Walletロードマップ

                  7月12日
                  • simplexと提携を発表予定
                  7月16日
                  • DeFiプロジェクトと提携を発表予定
                  7月30日まで
                  • ガチャゲーム、NFTプラットフォーム告知

                  〜ウォレット3万ダウンロード数を目安〜

                  8月後半
                  • NFTプラットフォームの一般公開
                  • UKHトークン上場
                  • AI運用システムの実装

                  〜ウォレット5万ダウンロード数を目安、ウォレットロック資産10億円、売り上げ1000万円〜

                  9月15日
                  • ユニスワップへ上場
                  • ヤマトスワップへ上場
                  9月中
                  • UKHをidcmなど3箇所へ上場
                  • 新規仮想通貨の詳細発表
                  • アプリ内広告機能リリース

                  〜ロック資産20億円、売り上げ2000万円〜

                  10月
                  • ユニスワップなどと全く異なるプログラムのローンチ
                  • 未来予測市場のリリース

                  〜ロック資産50億円、売り上げ3000万円〜

                  11月 海外取引所上場
                  12月 国内取引所上場

                  〜ウォレット売り上げ2億円〜

                    うけい(UKH)トークン(sUKH・bUKH)購入方法

                    sUKH、bUKHトークンをプレセールで購入するには、Googleフォームを使った方式にてトランザクションIDを送っていただき配布する形をとります。

                    購入に対応する通貨はETH,USDT(未確定)。

                    最低購入枚数は30,000枚(21万円)となります。

                    ロックアップはなし。

                    送金はメタマスクからでも構いませんが、sUKHトークンの受け取りはシノビウォレットで受け取っていただくこととなります。

                    sUKHとbUKHはどちらを購入する方がお得なのか

                    圧倒的にsUKHトークンをプレセールで購入する方がお得です。

                    まずsUKHはプレセールでしか購入できないという点に加えて、bUKHからsUKHへスワップすると枚数が半分になるという特徴があります。

                    ひとまずbUKHが欲しい場合でも、sUKHで先に購入しておいて後々スワップしても枚数は変わらないため、プレでsUKHを購入しないというのはメリットがあまりありません。

                    仮にbUKHの方が欲しいと思っていても、まずはsUKHで手に入れることは必須と言えるでしょう。

                    うけい(UKH)トークンのよくある質問と回答

                    質  問 回  答
                    Q,アプリの海外版はあるのでしょうか? A,言語設定から英語と日本語を選択することができます。
                    Q,FGRAPH OUのチームメンバーは過去の実績などあるのでしょうか? A,姫神プロトコルのプロジェクトメンバーなので、KGRトークンを上場させている実績があります。
                    Q,Shinobi Walletの収益手数料というのは、全部でどのような収益が考えられるでしょうか A,まずはウォレット内のスワップ手数料です。その他は、Shinobi Wallet経由による姫神コレクション(NFTガチャゲーム)収益の4%がsUKHトークンホルダーへ分配されます。
                    Q,sUKHホルダーはいつ頃から、どのようなスパンで配当が受け取れるのでしょうか。 A,sUKHは毎月末に配当されます。bUKHの配当は基本的に毎日付与されるため、いつでももらえます。
                    Q,KGRトークンをユニスワップで調べても何も出てこないのですが? A,KGRは現在v2でのみスワップが可能となっています。v3では表示されません。
                    Q,他ウォレット(たとえばセーフパルのような大企業)でできなかったことが、なぜShinobi Walletでできるようになったのでしょうか? A,端的に言うと「今まで誰も思いつかなかった」または「大企業の戦略的なもの」というのが答えです。今回の開発チームは少数精鋭のため、Shinobi Walletを開発するに当たって自由な発想を取り入れました。ですので、初めて「初心者でも、日本人でも、チェーンの垣根なく、ウォレット内のみで、ワンプッシュでDeFi運用ができる」ということができるようになりました。
                    Q,Shinobi Wallet内でUKHトークンが購入できるようですが、フォームから買う理由はあるのでしょうか? A,Shinobi Walletから購入する場合は1枚9円なので、フォームにて購入する方が20%お得になります。
                    Q,マルチチェーンが実装される予定はいつ頃でしょうか? A,BTC対応が7月末、他チェーンは8月、マイナーチェーンは12月に実装予定です。
                    Q,ステーキングプールのおすすめはどのような基準で選ばれているのでしょうか? A,仮想通貨のプロであるチームメンバーが選定することに加え、ホルダーの人気投票によっても選定されます。
                    Q,sUKHとbUKHのスワップに手数料はかかるのでしょうか? A,イーサのガス代はかかります。
                    Q,ステーキングする際にロックアップはありますか? A,ありませんが、ロックしていただければ追加ボーナスが付与されることを検討中です。
                    Q,bからsにスワップすると結果として、勝手にsUKHトークンの発行枚数が減少するって意味が、わからないのです。結果としてbUKHトークンが減少するんじゃ、ないんでしょうか? A,sとbは両方合わせて5億枚が上限なので、UKHトークンの枚数が減少するということです。sが、bが、という前提で考えているからわからなくなってしまっていますが、前提はUKHトークンが5億枚しか発行されないことから考えるとわかりやすいです。sは基本的に通貨市場とは切り離された存在ですが、プロックチェーン技術を使った通貨なので当然発行枚数にカウントします。
                    Q,シノビウォレットの売り上げは都度ホルダーへ共有されるのでしょうか? A,2021年8月までに月一の定例報告を専用サイトにて共有します。

                    上場後よりも65%引きで購入可能

                    うけい(UKH)トークン申し込み

                    Shinobi Wallet、UKHトークンの最新情報は以下からも受け取れます。

                    LINE情報局

                    UKHトークンオープンチャット 

                    Twitter情報局

                    テレグラム 情報局

                    シノビウォレット情報局サイト

                     

                    この記事を書いた人

                    コメント

                    コメントする

                    目次
                    閉じる